夫ホルモンの一種であるテストステロンが減退していると、オチンチンが性的なストレスにあたっても敢然と勃起しなくなります。いわゆるED状態になり、ガールフレンドやパートナーとの快適で健やかな性毎日が過ごせなくなります。ホルモン釣合の異常が、夫不妊の原因やセックスレスのトリガーを引いていらっしゃる事も多いです。

バイタリティ喪失を感じている男性はセックスについて自信が持てなくなります。また奥さんの前方で急性ED様子になってしまって後ろめたい思いをするのでは、という恐れが心の奥底に芽生えてしまう。一度でも急性EDになった男性はそれがトラウマになってしまいます。日ごろからバイタリティ喪失を痛感していらっしゃる夫なら尚更です。

勃起自体はOKだったとしても、最後のひとときまでオチンチンの固さが奪取出来ない、完全にオチンチンを勃起させるまでに長時間の設立が必要となる、ピストンの真っ最中に突発的にオチンチンが萎えてしまい、インサートの手直しが頻発する、これらはすべて亜鉛欠乏によるバイタリティ喪失の様子です。勃起キャパシティーがアンバランスになるとメンタルの輩にも不便をきたします。

また性毎日以外にも、亜鉛欠乏は悪影響を与える事があります。貧血や耐性落ち込みといった様子が夫のカラダに生じます。貧血は奥さん特有の体調不良だと思われていますが、栄養がアンバランスになり過ぎると夫もたちくらみや目眩に悩まされます。余計欠乏した毎日が貫くと、耐性落ち込みも生じ、いわゆる感冒等々をひき易いない風習になってしまいます。塗る温泉