男性は標準、射精直後にはプロラクチンというホルモンの働きで賢者時刻に殴り込みしてしまうのですが、それは鳥獣の雄としての本能の面影だとも言えます。鳥獣の雄は性行為が終わってすぐに、そばからの襲撃に備えなければならない結果、いつまでも淫欲を引きずっていては不安だからです。
ただ者はそんな不安を考慮する責任は当然ありませんし、性行為は伴侶の夫人と共に幸福を覚えてこそ、二人のゆかりを良いものにもらえるです。なので賢者時刻はとことん短くして、もっと言えば突入することなく、再度ことに戻れるようになれたほうが素晴らしいと言えるでしょう。
そのためのツボにはいくつかの動向のものが考えられます。例えば女性の方が頑張って夫をその気にさせたり、状況を置き換えることによってインプレッションを新たにしたりといったようにです。また夫ホルモンは淫欲を向上させる働きがあるので、夫ホルモンがかかる効果が期待できる食品を積極的に召し上がるのもいいでしょう。そういった色々な方法の取り分け、最も効果があると言われているのが、夫の精子の件数を多くするというものです。
現代の男性が性行為を行う事柄は、もちろん子孫を繰り返すことだけでは弱いのは確かなのですが、よりの子孫を残そうとする本能があるのも核心でしょう。そのため一度射精した下でもいまだに精子が残っているのであれば、賢者時刻本能的にもう一度性行為に及びたくなることが考えられます。ディセンシア サエルとアヤナスを本音で評価!